國府義胤 歴史の沈黙を破ってついに出版!

今の時代も色あせることのない、本物の「武士道」とはいかなるものか。
幕末・明治の混濁の世が求めた、人権の志士の歴史が今明かされる。

幕末の激動期、勤王の三五郎と称され、老中 久世広
周(関宿藩)の命により、人材登用のため「郷学館」
「農兵隊」を組織。明治の新しい世に、剣を薬匙に持
ち変え、医をもって民衆の命を権力から護った。

それはひとえに「人間の尊厳」のために
全生命を燃やし尽くした、
人間愛と勇気の道。

お問い合わせ

発行所:有限会社 飛行船
TEL/FAX.028-649-0180
栃木県宇都宮市鶴田2-11-4

著者プロフィール

桶田 正信
生年月日1947年11月25日
出身地 栃木県栃木市藤岡町
出身大学青山学院
趣味居合・抜刀 藩士八段
居合・抜刀の館長
東北支援活動