「復興食堂 ゆめ広場」

"笑顔"と"笑顔"をつなぐ
復興食堂「ゆめ広場」
希望に向かう東北の「おいしい」を
お届けします!

2017年12月25日オープン!

ー営業時間ー
昼 11:00~15:00(Lo 14:00)
夜 17:30~21:00(Lo 20:30)

定休日 毎週水曜日
お問合せ TEL:0289-77-7821
運営 有限会社 飛行船

東北の復興への”夢”を、
終わらせるのではなく
繋いでいくために

私たちの活動は、砂粒のように小さいかもしれませんが、応援の旗を振り続けることが、絶望感に陥っている方々に勇気を感じていただけると
信じています。

「おらが大槌復興食堂」
の看板と暖簾を引き継いで

「おらが大槌復興食堂」は大槌町で震災から8ヶ月後の2011年11月、自身も被災した岩間美和さん、敬子さん夫妻がボランティアの方々に少しでも良いものを食べて欲しいと、町中心部にテントを張って始めた店です。全国からのボランティアの方々が情報交換を兼ねて集う場所となり、翌年にはプレハブ店舗に。来店客は約4万人に上りましたが、2013年12月、区画整理のために移転を余儀なくされました。

岩間さん夫婦は「この店は自分たちだけのものではない。人のつながりが生まれる場所だ」と営業再開を目指したものの、建築資材の高騰などもあって断念。その思いを、支援活動で親交を深めてきた私たちに託してくださいました。

「おらが大槌復興食堂」との絆

『復興食堂 ゆめ広場』とは

有限会社 飛行船の行う復興支援プロジェクトの一環で、2017年12月25日に開店しました。三陸名物「ホタテ浜焼き」など、美味しく食べながら被災地に思いを寄せていただくきっかけになれば嬉しいです。店内では支援活動で毎月訪れる東北の復興の様子を放映しています。(詳細は画像をクリック)

東北の旬を凝縮したメニュー

東北直送の「ホタテ」「カキ」「鮭」「鯖」「ワカメ」などの旬の魚介類をはじめ、飛行船で栽培する鹿沼産の復興野菜をふんだんに使用したお食事をご提供します。食材には、岩手釜石のソウルフード「藤勇醸造」を使用。釜石銘酒「浜千鳥」もご堪能いただけます。(詳細は画像をクリック)

営業のご案内

昼 11:00~15:00(Lo 14:00)
夜 17:30~21:00(Lo 20:30)
定休日 毎週水曜日
TEL:0289-77-7821
〒322-0002 栃木県鹿沼市千渡2217-3
(詳細は画像をクリック)

復興食堂 人気メニュー

復興を遂げた珠玉の食材

東日本大震災で壊滅的被害に遭った東北で、復興を遂げた珠玉の食材をご提供いただく、生産者の皆様をご紹介します。気になる食材は生産者のホームページを通じて、注文することも可能です。食材への想いや美味しいレシピ、復興までの軌跡、など、生産者の皆様の情報を随時更新中!

生産者の皆様のご紹介

東北の食を全国に届けたい

東北の声と力が、復興を進める重要な鍵。
声にならない想いと向き合い
誰も置き去りにしない。

東北からのメッセージ

  • 岩間敬子さん

  • 菊池教利さん

  • 越田さん

  • 越田俊喜さん

  • 岩間美和さん

飛行船復興支援プロジェクト

「復興食堂 ゆめ広場」を運営する飛行船では、岩手県釜石市や大槌町で被害に遭われた方々に、自社の畑で栽培した野菜や多くの支援者の方々から提供いただいた物資をワゴン車でお届けする活動や、釜石市や大槌町を始めとする三陸の特産品を販売する物産店の運営などを通じて支援を行う「飛行船復興支援プロジェクト」を継続しています。2016年12月からは、福島県南相馬市の原町区の仮設住宅や避難指示が解除された小高区の住民の方々へも野菜などの物資をお届けしています。

飛行船復興支援プロジェクト

Facebook・Twitterはこちら